自己破産以外の借金問題解決方法を知ろう!
借金に困ったら自己破産しかない?そんなことはありません!自己破産以外の方法教えます!
TOP 債務整理とは 任意整理とは 過払い請求とは 自己破産 その他債務整理 その他情報
 

過払い請求とは

 

テレビでおなじみの過払い請求。
キャッチコピーで「払い過ぎたお金が返ってくるかもしれません」
といわれていますが、 正にその通りなんですね。

消費者金融等での借入が、上限利息を上回った返済をしている場合、
その余計に支払い過ぎた利息分が返還の対象になっています。

これは即ち、利息制限法で定められた金利上限を上回っていた場合であり、
利息制限法では下記のように利息が定められています。

○10万円までで⇒20%/年
○10万円~100万円まで⇒18%/年
○100万円以上⇒15%/年

となっています。

そして上記既定の利息以上を取り立ててしまった場合、
下記の罰則が課せられます。

○個人の場合⇒1000万円以下の罰金
○法人の場合⇒3000万円以下の罰金

余談ですが、以前は上限金利は29.2%以上で刑事罰対象であったのが、
貸金業法の改定により、新たな罰則規定になったということです。
これはいわゆるグレーゾーン金利といったものですね。


さて、過払い請求ですが、どういうものかといいますと・・・
長年にわたって利息制限法を超えている利子と併せ支払っている場合があります。

その場合、実は既に元本分の返済以上に多くの利息分を支払っている、
いわば、債務がないのに返済している、、、というケースが出てくるのです。

この支払い過ぎたお金の事を「過払い金」と言うわけですね。
払い過ぎたお金は取り戻す必要がありますよね?

取り戻すためには裁判を起こさなければなりません。
この裁判の内容を「不当利得返還請求訴訟」と言います。
また裁判では、負債者が負ける事はまずないので、確実に行う方が良いでしょう!!

それから、既に借金を完済している人でも、
この「過払い金」が発生している場合がありますので、
一度、法律相談事務所に相談してみるのも良い方法でしょう。

ただし、借金があるからと言ってむやみやたらと請求するのはタブーです。
ある程度取引年数がある事と、借金の金額がないと過払い金は発生しないからです。

一般的には、5~7年程の取引年数があれば過払い金が発生します。
微妙な感じだったら、引き直し計算で確認してみることをおすすめします。

※正しい利息計算の方法の事です。
また、引き直し計算で今までの取引履歴を金融会社から取り寄せる必要があります。

それと過払い請求にかかる時間は、
裁判を起こして、だいたい3ヵ月から半年の間、その後過払い金は返還されます。



<過払い金返還請求の手続きについて>

利息制限法を超える利息を支払い続けていた場合には、
払いすぎていた利息分を取り戻すことができます。
払いすぎた利息を取り戻すには過払い金返還請求が必要です。
過払い金を返還してもらうにはまず、お金を借りていた金融業者から借り入れした金額と
その日付・返済した金額とその日付などの記録を取り寄せなければなりません。
これを取引履歴の開示請求といいます。
取引履歴を開示してもらえたら、支払った金利が利息制限法の制限利率を超えているかどうか計算します。

【利息制限法の上限利率】
元本10万円未満ならば年20%
元本10万円以上100万円未満ならば年18%
元本100万円以上ならば年15%

この制限を超えて支払った金利は無効ですので、
利息制限法の利率で計算(引き直し計算といいます)した結果利息を払いすぎていた場合は
過払い金返還請求ができます。
過払い金返還請求は金融業者に「過払い金返還請求通知書」と「引き直し計算書」を送ります。
送るときには必ず送った記録が残るように内容証明郵便などで郵送しましょう。

 
   
© 自己破産以外の借金問題解決方法を知ろう! 2012 all rights reserved.